ブックタイトル福島県観光ガイドブック2018 春・夏版

ページ
6/36

このページは 福島県観光ガイドブック2018 春・夏版 の電子ブックに掲載されている6ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

福島県観光ガイドブック2018 春・夏版

あの『彩』に、逢いに行く。絶景:春(花)6さんさんらんらんMOVIE花見山[県北:福島市]日本を代表する写真家・故秋山庄太郎氏が「福島に桃源郷あり」と称え全国に紹介した福島市が誇る花の名所。花の種類が多く見頃が長いのが特徴で期間中は華麗な花々で山一面が覆われます。κ福島市観光案内所?024-531-6428α福島市渡利γ7:00~17:00は周辺の交通規制ありγ自由開放(早朝・深夜はご遠慮ください)ε環境整備協力金としてマイカー駐車場利用者は1人500円、大型バス1台10,000円、マイクロバス1台5,000円οJR東北新幹線福島駅から臨時バス花見山号で約15分、東北自動車道福島西IC・福島飯坂ICからそれぞれ車で約20分(開花期間中、花見山周辺の交通規制あり)ν花見山本部観光案内所(4/1~22)鶴ヶ城公園の桜[会津:会津若松市]鶴ヶ城? P12戊辰戦争では、1ヵ月の籠城戦に耐え、難攻不落とうたわれた名城。ソメイヨシノを中心に、シダレザクラなど約1,000本の桜が咲き乱れます。桜の名所百選の一つで、ライトアップされた桜が堀の水面に映る様はとても幻想的です。κ会津若松観光ビューロー?0242-27-4005α会津若松市追手町ε天守閣入場料大人410円、小中学生150円οJR磐越西線会津若松駅からまちなか周遊バスで約20分「鶴ヶ城入口」下車徒歩で約5分、磐越自動車道会津若松ICから車で約15分ふくしま花案内人によるガイド案内花見山公園に常駐し、訪れた来訪客に咲く花々の特徴や花見山の歴史などについて案内を行います。同行案内希望の場合は事前申込が必要です。花見山の開花シーズン以外も市内の花の名所や観光スポットなどを案内する取り組みを実施しています。κ福島市観光コンベンション協会?024-531-6432α主に花見山周辺、市内β通年(花見山における花案内は3月下旬~5月上旬)ε花見山開花期間中の公園内の案内は無料(旅行会社様はお問合せ下さい)κ福島交通福島支社?024-535-4102αJR東北新幹線福島駅発着β4/1~22ε往復大人500円、小人250円κ福島地区ハイヤータクシー協同組合?024-533-3113β3/24~5/6ε(片道)福島駅東口⇔花見山1,550円、福島駅西口⇔花見山1,750円(4名まで乗車可能)臨時バス「花見山号」花見山の開花時期にあわせ、JR福島駅から花見山までの臨時バスを運行します。ガイド現地交通現地交通タクシーによる花見山定額運賃JR福島駅から花見山のふもとまで行くことができます。さくらまつり4/6?~5/6?鶴ヶ城さくらまつり[会津:会津若松市]期間中、様々なイベントが開催されます。史跡全体をライトアップする「鶴ヶ城公園ライトアップ」では、夜空に浮かび上がるかのような1,000本の夜桜の幻想的な美しさをお楽しみいただけます。また、鶴ヶ城さくらまつり大茶会、會津十楽春の陣、会津清酒で花見酒in鶴ヶ城なども同時開催。春の訪れを会津で感じてみてはいかがでしょうか。κ会津まつり協会?0242-23-4141α鶴ヶ城公園内