ブックタイトル福島県観光ガイドブック2019春・夏版

ページ
27/44

このページは 福島県観光ガイドブック2019春・夏版 の電子ブックに掲載されている27ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

福島県観光ガイドブック2019春・夏版

至福の足跡福満虚空藏菩薩圓藏寺イベント情報[会津/柳津町]御本尊である福満虚空藏菩薩は弘法大師の御作と言われ、「赤べこ伝説発祥の地」の由来とされるお寺。境内には撫牛像があり幸せを運ぶと伝えられています。所柳津町柳津字寺家町甲176時6:30~17:00交JR只見線会津柳津駅から徒歩約15分、磐越自動車道会津坂下ICから車で約10分問柳津観光協会?0241-42-23467/5 ?? 7?月待ちの灯り夕闇に浮かぶ約1,000個の紙灯ろうとライトアップされた金堂・中門が、フォトジェニックな空間を生み出します。一生を健康に過ごしてコロリと往生会津ころり三観音日本最大級とされる大きさの「立木観音」、野口英世ゆかりの寺にある「中田観音」、慈悲深い身代わり仏の「鳥追観音」は、参拝すると健康で病気に悩まされることなく大往生できる「ころり三観音」と呼ばれています。立木観音[会津/会津坂下町]中田観音[会津/会津美里町]鳥追観音[会津/西会津町]国指定重要文化財熊野神社長床[会津/喜多方市]天喜3年源頼義の勧請の古社。長床は、藤原時代の貴族の住宅建築としての寝殿造りの主殿の形式をふんだものです。所喜多方市慶徳町新宮字熊野2258時8:30~17:00料大人300円、高校生200円交JR磐越西線喜多方駅から車で約15分、会津縦貫北道路喜多方ICから車で約20分問長床保存会?0241-23-0775問恵隆寺?0242-83-3171問弘安寺?0242-78-2131問如法寺?0241-45-2061久保田三十三観音[会津/柳津町]久保田三十三観音まつり?P38久保田地区の小高い丘陵に三十三体の石の観音菩薩が安置され、「マリア観音」と呼ばれる十字架を手にした珍しい観音様も見ることができます。所柳津町久保田地区交磐越自動車道会津坂下ICから車で約30分問柳津観光協会?0241-42-2346現地交通会津三十三観音めぐり~会津美里11札所巡礼のたび~会津美里町内11カ所の日本遺産を、観光ガイド付でまわる会津若松駅からの日帰りジャンボタクシープラン。期4/21~11/25料ジャンボタクシー(8人利用)1人あたり10,000円※8人未満の利用は追加料金あり。拝観料・昼食代は含みません予FAXで予約問アールエイチ企画?0242-28-56238/18 ?ともし火と仏教声楽の夕べ会津仏教文化発祥の地を舞台に行われる仏教音楽・声明(しょうみょう)の公演。金堂に響き渡る世界最古の伝統音楽をご堪能ください。J a p a n日本「日本遺産(Japan Heritage)」とは、日本の文化・伝統を語るストーリーを文化大久保利通が安積の地で夢見た開拓者たちのストーリーを紐解く未来を拓いた「一本の水路」─大久保利通“最期の夢”と開拓者の軌跡郡山・猪苗代─平成28年度日本遺産に認定されたストーリーを構成する38の文化財を楽しめます。問日本遺産「一本の水路」プロモーション協議会(郡山市国際政策課内)?024-924-3711この水が、安積の地を豊かな大地へと導いた猪苗代湖[県中/郡山市]国指定重要文化財安積歴史博物館[県中/郡山市](旧福島県尋常中学校本館)福島県内で最も古い歴史を持つ中等教育機関である県尋常中学校(現安積高校)本館として1889(明治22)年3月に現在地に建築、1973年まで校舎として使用されていました。所郡山市開成5-25-63時10:00~17:00休月曜(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日料一般3 0 0円、高校・大学生200円、小中学生100円交JR東北新幹線郡山駅からバスで約20分、東北自動車道郡山ICから車で約20分問安積歴史博物館?024-938-0778開成館・安積開拓官舎・安積開拓入植者住宅[県中/郡山市]郡山市開成館が位置する開成三丁目周辺は、明治新政府による最初の国営開拓事業「安積開拓」を推進した政府、県、開成社の各現地指導管理機関が置かれた安積開拓発祥の地です。所郡山市開成3-3-7時10:00~17:00休月曜(祝日の場合は翌日)料一般200円、高校・大学生等100円交JR東北新幹線郡山駅からバスで約15分、東北自動車道郡山ICから車で約20分問郡山市開成館?024-923-2157猪苗代湖の水の恩恵を受けるべく、安積開拓・安積疏水開さく事業が行われました。標高が514mと高い位置にあるため、自然落差を利用し農業用水や工業用水、生活用水を供給。水力発電の発展にも貢献し、近代化への礎を築きました。問郡山市国際政策課?024-924-3711郡山市開成館案内ボランティアガイド案内ボランティア(無料)による館内ガイドを利用する場合は、来館予定日の2週間前までに予約してください。問郡山市開成館?024-923-2157ガイド26