ブックタイトル福島県観光ガイドブック2019春・夏版

ページ
14/44

このページは 福島県観光ガイドブック2019春・夏版 の電子ブックに掲載されている14ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

福島県観光ガイドブック2019春・夏版

語り尽くせない物絢爛豪華では福の絶景まつり13至語檜枝岐歌舞伎至福の絶景まつり相馬野馬追[相双/南相馬市・相馬市]7/27 ?? 29 ?1000年以上の歴史を有する、国の重要無形民俗文化財に指定されている祭り。500余騎の騎馬武者たちが雲雀ヶ原祭場地を目指して進軍する様は、威風堂々とした戦国絵巻のよう。一番の見どころとなる甲冑競馬では、旗指物(はたさしもの)をなびかせながら人馬一体となり疾走する騎馬武者たちに、観客も熱い声援を送ります。続いて行われる神旗争奪戦では、法螺貝(ほらがい)が鳴り響く中、騎馬武者達が突進し合戦さながらの様相を見せ、観客の熱気も一層盛り上がります。27 ? [出陣式]宇多郷(8:3 0~)、標葉郷(8:3 5~)、小高郷(9:4 0~)、北郷・中ノ郷(10:30~)/宵乗り競馬(14:00~)28 ? [本祭り]お行列(9:30~)、甲冑競馬(12:00~)、神旗争奪戦(13:00~)29 ?野馬懸(9:0 0~)所南相馬市原町区雲雀ヶ原祭場地ほか交JR常磐線原ノ町駅から車で約10分、常磐自動車道南相馬ICから車で約15分料前売券800円、当日券1,000円、中学生以下無料問相馬野馬追執行委員会事務局?0244-22-3064Movie多彩な東北が、熱い絆でひとつになる東北絆まつり2019福島[県北/福島市]6/1??2?1 ? 10:00~17:00予定2 ? 10:00~17:00予定福島わらじまつりや仙台七夕まつり、山形花笠まつり、盛岡さんさ踊り、秋田竿燈まつり、青森ねぶた祭が参加して、東北が熱い絆で一つになります。所福島市国道4号、市役所西側駐車場ほか交JR東北新幹線福島駅下車問福島市観光コンベンション推進室?024-572-5718時代を越えて受け継がれる伝統芸能5/12 ? 19:00 ?鎌倉時代から伝わる南会津の夏の風物詩会津田島祇園祭[南会津/南会津町]京都の祇園祭と並び日本三大祇園祭のひとつに数えられるお祭です。一番のみどころは、23日早朝に行われる「七行器行列」。40人前後の花嫁衣裳を身にまとった女性たちが、街中を歩きます。伝統を守り続け、昭和56年に国の重要無形民俗文化財に指定されました。所南会津町内交会津鉄道会津田島駅から徒歩約1分問南会津町観光物産協会?0241-62-30007/22 ?? 24 ?22 ? 11:45~22:3023 ? 7:50~22:3024 ? 13:00~15:00郡山うねめまつり[県中/郡山市]采女伝説に基づく夏のイベント。采女神社での供養祭や駅前大通りでのうねめ踊り流しをはじめ、多彩なイベントが行われます。6,000人を超える踊り手が夏の夜を彩り、3日間の人出は延べ30万人にのぼります。8/1??3?1 ? 11:45~20:002 ? 10:00~21:003 ? 10:00~21:00(日時は予定です)所片平町采女神社、郡山駅前大通り、西部プラザ等交JR東北新幹線郡山駅下車問郡山商工会議所?024-921-2610[南会津/檜枝岐村]8/18 ? 19:00 ?9/7 ? 19:00 ?江戸時代より親から子、子から孫へと代々受け継がれている「檜枝岐歌舞伎」。歌舞伎を演じる檜枝岐の舞台は国の重要有形民俗文化財に、檜枝岐歌舞伎は県の重要無形民俗文化財に指定されています。Movie所檜枝岐の舞台交会津鉄道会津高原尾瀬口駅からバスで約70分、東北自動車道西那須野塩原ICから車で約120分問尾瀬檜枝岐温泉観光協会?0241-75-2432